ショッピングカートを見る
商品検索

ショップ紹介
【金澤 賢次】
こんにちは!彫望堂の金澤です。
仕事一筋で常に真剣勝負です!
宜しくお願いいたします。
メニュー
携帯サイト
▼携帯からもご購入できます
リンク
ホーム昇り龍(其の参):大(家紋入り)
昇り龍(其の参):大(家紋入り)
  表面には天に昇る龍を、
       そして裏面には家紋を彫り込みました。


龍は伝説上の生物であり、古来神秘的な存在として位置づけられてきました。
神獣、霊獣であり中国では皇帝のシンボルとされています。
角は鹿、頭は駱駝、目は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃(しん)背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛にそれぞれ似るといい、また、口の辺りに長い髯をたくわえ、喉下には一尺四方の逆鱗があり、顎下に宝珠を持っているといわれています。
十二支に唯一採用された伝説上の生物でもあります。
日本では様々な文化とともに中国から伝来し、元々日本にあった蛇信仰と融合し水の神としても各地で民間信仰になり干ばつが続くと竜神に雨乞いが行われていたほどです。
その中でも天へ昇る龍は特にパワーを与えてくれることでしょう。
今年の大河ドラマでは坂本龍馬が大変な話題ですが、常に上昇を目指すためにも是非、昇り龍は身につけておきたいアイテムではないでしょうか?

また、家紋は今日まで息づいている日本固有の文化です。
土地の名前などを自分の家名(屋号)とし、それが後の名字となりました。
家紋は家の独自性を示す固有の目印的な紋章として生まれました。
その後、武家や公家が家紋を使用するようになり、血統や元々の帰属勢力としていくつかのグループに大きく分かれるなど、それぞれが代表的な家紋とそのバリエーションで構成されます。
その他、各地の豪族がそれぞれ新たに創作した家紋が現代まで伝わっているものなどもあります。

裏面にはご自分の名前や好きな言葉、神輿会などの名前をなどを入れることができます。(色を盛るかで料金が変わります)
祭り札としてもオススメです!

<昇り龍(其の参):大:家紋あり>
■サイズ:72ミリ×32ミリ×5ミリ

■材質:柘(つげ)
※柘(つげ)とは、日本人には古くからなじみの深い木製の材質です。主に、印鑑の印材として使用されたり将棋の駒などに使用されています。柘(つげ)は、他の木製の材質より強度が強く、きめの細やかさ・手触りや木目の色合いなど、ほかの木材に比べ優れた特徴をもっています。

■裏面の文字数:3文字以内

■裏面の色盛り:色を盛る場合は1,000円プラスとなります。
黒・白・赤・青・黄色・緑よりお選び下さい。
二色の色を盛る場合は2,000円プラスとなります。
※色盛りの指定は「配送設定」入力時の備考欄にご入力下さい。
 (入力例)
 ●1色の場合 → 文字:黒 家紋:黒 枠:黒
 ●1色の場合 → 文字:赤 家紋:赤 枠:なし
 ●2色の場合 → 文字:黒 家紋:赤 枠:なし
 ●2色の場合 → 文字:黒 家紋:赤 枠:赤
★色の組み合わせは2種類までです。

■裏面の書体:勘亭流
※勘亭流とは、歌舞伎の番付や看板などに用いる太くうねるのある様式化された書き文字で、骨太で威勢のいい江戸歌舞伎の感性をデザイン化したものです。江戸時代に、書家 岡崎屋勘六(号名:勘亭)が始めたと言われ、先客万来を願って内へと入る運筆で、柔らかな姿態・音律・縁起を願う心を踏まえ、枠一杯に隙間なく書かれるのが特徴です。

■組紐の有無:プラス100円で組紐(1メートル)をお選びいただくことができます。
■組紐(1メートル)の色:黒・紫・赤・青・黄色・緑・白・紅白よりお選び下さい。→色の見本

■ご注文はFAXでも受け付けています。 →FAX注文書

【オプションの料金】
・裏面の色盛り:1色の場合は1,000円プラス、2色の場合は2,000円プラス
・組紐の有無:組紐(1メートル)を選んだ場合は100円プラス


・ 販売価格

4,500円(税込)

・ 購入数
・ 裏面の色盛
・ 組紐